キャッシング スピード融資/これで急な出費にも安心

キャッシング融資を受けたい人にお勧めの金融サービス業者ベストのご紹介です!
今すぐ融資も可能な厳選した金融サービスの紹介。優良な金融サービス業者ばかりなので安心して融資を受けることができますよ。

パソコンやスマホからも申し込みが可能で最短で1時間後に入金。
これで急な出費もどうにか乗り越えられますね。

もちろん、低金利の融資で返済もラクラクに。
無理のない返済計画が可能となります。初めての人も楽々安心して申し込めますよ。

目次

緊急のキャッシング融資!おススメのランキング

マイレディス

マイレディスは創業41年の女性専用のキャッシングサービスです。対応スタッフも全て女性なので安心してご利用いただけます。一定の収入がある方ならばパートやアルバイトでも審査が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
4.8%~18% 最大100万円 最短30分 即日可能

 

プラン

全国どこからでも24時間ネットでお申し込みからご契約まで可能。月々2,000円から返済可能。
お近くのセブンイレブンのマルチコピー機で即日申し込みと契約書類の作成ができ、時間の短縮できます。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
15%~20% 50万円 即時 最短即日

 

エフワン

急なご出費でお困りの方はもちろん、他社の借入れを一本化したい方、自営業の方や不動産担保ローンを検討中の方もご利用できます。パート・アルバイト・主婦・日雇いの方なども相談が可能です。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
15~20% 300万円 最短30分 最短即日

 

エス・ジー・ファイナンス

来店不要で全国どこからでも申込が可能。
誰にも知られずお申込ができるキャッシングサービスです。最短30分で即日振込でもご利用、最大で300万迄ご融資が可能です。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
9.85%~18% 300万円 最短30分 即日可能

楽々キャッシング融資とは?

楽々キャッシング融資とは、いつでも何処からもスマホやパソコンで簡単に申し込みができるキャッシングの仕方のことです。

ひと昔前のキャッシングは、まず電話で申し込んでから融資申込書を記入して郵送しなければなりませんでした。その手間も面倒で融資までの時間も相当かかったものです。
しかし、ネット環境が発達した現在では家や外出先から簡単に申し込みができるようになったのです。
金融サービス業者の中にはアプリが利用できて全ての手続きがまとめて簡素化されています。即日融資も可能なので急な出費や金欠ときには便利ですね。

キャッシング融資で気をつけること

金融業者の中には悪徳業者や闇金と呼ばれる違法な業者も存在しています。

こういう業者は「誰でも通る審査」とか「審査なし融資」などと甘い言葉で誘導してきますが、その事態はとても危険なものとなります。

悪徳業者や闇金業者からキャッシングをすると、とんでも無い高金利で返済しなければなりません。法定金利の何十倍、中には何百倍、何千倍も請求してくる違法業者もいます。

こういう業者の取り立ては大変厳しくて、会社に取り立ては当たり前、親戚や隣近所まで行く者もいます。

もちろん、こういう業者は違法業者なので警察に通報すれば逮捕して貰えますが、彼らは手を変え人を変えて永遠に取り立ては続くものです。

こういう業者には絶対に関わってはいけません。
特にネットに出てくる怪しい業者には注意をしましょう。
やはり金融サービスは大手の誰でもが知っている業者から利用するべきです。

最近では大手業者でも即日融資の対応や申込みの簡素化を図っています。
利用者の利便性を第一に考えている大手業者も出てきているのです。
でしたら、始めから安心できる名の通った金融サービスから融資を受けることです。

今すぐキャッシングが必要なら

今すぐにキャッシング融資が必要なら「即日融資」のキーワードで検索すれば沢山出てきます。ただし、金融サービスから融資を受けるには審査を受けなくてはなりません。
キャッシングの申し込みだけで融資されるわけではないのです。審査を受けて、その審査が通って初めて融資が下りるのです。

じつは、この審査に時間がかかる場合があります。
いくら「即日融資」を謳っていても、それは審査が終わってからの話しです。

「即日融資」は即、融資されるものではなくて審査が下りたら直ぐに融資されるものと思ってください。
ですから、直ぐに融資を受けたかったら、審査の早い業者に申込みをすることが必要となります。

では、どこの金融サービスに申し込んだら審査を素早くしてくれるのか?

それは、ズバリ消費者金融です。
今は銀行でも個人融資をしていますが、なんせ審査に時間がかかります。

それに対して、消費者金融の審査は素早いです。
午前中に申し込みを完了させれば午後には融資が可能なところもあります。
最短で30分で審査完了なサービスもあります。

こういうことから、即日融資を受けたかったら消費者金融に申し込んでみましょう。消費者金融は銀行よりも金利が高いですが、審査は格段に早くやってくれます。
今すぐ融資なら銀行よりも消費者金融を選びましょう。

キャッシングなら土日にも融資可能

平日の昼間であれば、銀行のカードローンでも早めの融資が可能です。
ただし、問題は夜間や土日の申込みですね。

ネット申込みは24時間対応可能ですが、実際に審査が行われる時間は平日の決まった時間だけです。土日では営業時間外としてと審査はしていません。

しかし、大手消費者金融であれば土日でも融資が受けられる可能性があります。
会社自体は休みでも、自動契約機でカードを発行することで即日融資が受けられるからです。

夜でも同様。
いつでも融資申込みが可能となり即審査に入ります。

ただ、夜間申込みの場合、審査が行われるのは21時まででなので、それ以降の申し込みは翌日以降の審査になります。
なので、即日に融資が必要な場合は21時までに申し込みをしましょう。

そもそも自動契約機の受付時間は22時までですのでそれ以降の申込みはできないようになっています。どうしても夜中に融資が必要になるということは余りないことですが、22時過ぎの即日融資は難しいと思っておきましょう。

土日でも22時までなら即日融資可能

土日も自動契約機は22時頃まで営業しているのでで、審査に通ればATMでお金を引き出すことができます。

ただし、審査の行われる時間帯は21時までなので、その前に申し込みを済ませておいて、22時までにカードを発行してもらい融資を受けるという手順になります。

21時が即日融資の基準と見ておけばいいでしょうね。
また、職場への在籍確認が必要になる場合には、その場での借り入れは難しいです。

在籍確認が必要になる場合は、やはり日中に申し込んでおくことが必要になりますね。予め、予想できる出費なら早めに申し込んでおきましょう。

キャッシングの融資限度枠はケースバイケース

キャッシング融資を受けるには、審査に合格しなければいけません。その審査内容は年収によって大きく異なってきます個人の年収が幾らくらいあるのかは一番必要な要素となります。

特に消費者金融会社は、総量規制の適用を受けるので年収は大きな意味があります。
審査に合格すると審査内容に応じて融資できる限度額が決まります。当然ですが、高所得の人ほど限度額は大きくなり、それが安定しているほど(勤務期間が長い)更に増えていくのです。

ただし、いくら所得が多くても他社からの借り入れが多いと実行融資は少なるなるし、場合によっては却下もされてしまいます。反対に所得が低くても、今までに一円の融資も受けていなければ実行融資は大きな金額もなります。

何れにしても、年収の3分の1を超えると融資は難しくなります。
こういう場合には、しばらくの間は返済に集中してから新たに申込みをしましょう。

一方で所得が低くても借入れが初めての人は審査は通りやすいでしょう。
どこの金融サービスからも借入れていないとなれば、それは真っさらな新規顧客になります。新規顧客を獲得するために世の金融サービスは四苦八苦しているのだから、例えアルバイトでも融資をしてくれるでしょう。

ただし、アルバイトのままですと、利用限度額の増額は受け難くなります。
将来、利用限度額を増やしたい人は早目に正社員の仕事を見つけておいた方がいいですね。

キャッシング融資利率を正しく知る

キャッシングを利用したいけど金利や利息のことをよく分からないと思っている人も多いことでしょう。でも、わからないままキャッシングを利用していると、元利合わせて沢山のお金を支払ってしまうことになります。

そこでキャッシングを利用する時には金利の仕組みについて最低限のことを知っておきましょう。キャッシングというのは気軽に利用できるメリットがありますが、その後の金利負担は半端ではありません。利用したのはいいけれど、結局は多くのお金を失ってしまったなんてことも起こり得るわけです。

一方で、金利の仕組みを知り、賢く利用すればこんなに便利でお得なことはありません。キャッシングの深みにはまらないためにも、金利を仕組みを正しく理解しておきましょう。

キャッシング融資の金利

キャッシングの金利は、20%から15%の間で利息制限法に基いて表されます。
金利18%なら、借入れた金額に対して年に18%の利息を支払うということです。

たとえば、金利18%で10万円を借りた場合、1年後に支払う利息は18,000円になります。

  • 10万円×18%=1万8,000円
  • これに元金が加わりますので、1年後の支払いは元利合計で118,000円のになるということです。
  • 10万円元金
  • 18,000円 利息
  • 合計 118,000円

金利と利率の違いは?

では、金利と利率の違いは何なのだろう?その違いは?と思うことでしょう。
ですが、現実にはほぼ同じ意味で使われているので金利=利率だと思って問題ありません。また、利子と利息は同じ意味で使われ、年利と年率も同じ意味で使われます。

では、広告でよく目にする実質年率とはどういう意味なのだろうか?
この「実質」が気になりますよね。

キャッシングに申込むと、金融サービス業者は、先ずは審査をします。
この審査には様々な調査や手続き、書類作成などがが含まれます。

つまり、審査をするにも諸々の費用がかかっているのです。
こういった諸費用分も貸出金利に含ませ、利用者から回収するわけです。
この審査に必要な諸費用分をも含めた金利が実質金利ということになります。

ですので、キャッシングを利用する際にはただの金利よりも実質金利に目を向ける必要があります。

現実には日割り金利で計算する

キャッシングを返済する時には実際には分割で支払っていくことになります。10万円を金利18%で借りた場合を例に計算してみましょう。
利息を求める計算は次のような算式になります。

  • 元金×金利÷365日×借入期間(日数)

まずは1年間借りた場合に発生する利息を計算してから次に1日あたりの利息を計算していきます。

1年の利息:10万円×18%=18,000円。
これを365日で割って1日あたりの利息を出します。
1日の利息:18,000÷365日=約49.3円。
49.3円が1日あたりの利息なので、後は借りた日数分を掛けて算出すればいいのです。
例えば、30日間 借りた場合は、49.3円×30日=約1,479円で、ひと月分の利息は、約1,479円となります。


このように、キャッシング融資の利息は、実務上、日割り計算が基本の上に成り立っています。

元金を1万円ずつ毎月返していく場合の返済額

キャッシングの返済は毎月の支払い利息にプラスして元金の返済になります。
元金を毎月1万円ずつ返済していく場合はこうです。

初回返済時

  • 10万円×18%÷365日×30日=約1,479円
  • 1万円+1,479円=1万1,479円
  • 合計1万1479円の支払い

2回目返済時

  • (10万円-1万円)×18%÷365日×30日=約1,332円
  • 1万円+1,332円=1万1,332円
  • 合計1万1332円の支払い
3回目返済時
(10万円-2万円)×18%÷365日×30日=約1,184円
1万円+1,184円=1万1,184円合計1万1184円支払い

以降、この繰り返しになります。
元金が減っていく分、支払い利息が少なくなって、合計返済額が次第に減っていくのです。
この場合ですと、返済回数は10回、利息額は8,139円で返済総額は10万8,139円となるわけです。10万円と言えども8139円の利息に。

これを高いと見るのか低いと見るのかは人それぞれです。10万円が30万円に、30万円が50万円になれば、それに連れて利息も大きくなるわけです。100万円も借りれば、ものすごく大きな利息になることは間違いありません。

キャッシング融資はくれぐれも慎重で計画的に利用することが必要ですね。

キャッシング融資とクレジットローンとの違いは?

キャッシング融資とクレジットローンの違いはこうです。

キャッシングは、一般的に少額の融資を短期間で借りることを言います。
例えば、10万円を借りた場合は、翌月に全額を返済するという例です。一方、クレジットローンは、商品の分割購入と合わせて無担保でお金も借りることです。カードローンと一緒の意味と思っても問題ありませです。どちらにとっても引き出せる金額の上限は、契約内容によって決められます。

もちろん契約前には審査があり、審査を通過しなければ利用することはできません。
ATMから現金を引き出せるというところは、自分の口座からお金を下ろすことによく似ていますね。

しかし、自分の口座からお金を引き落とすことは借金ではありませんが、キャッシングやクレジットローンは借金です。
借りたお金は、きちんと返さなくてはなりません。返済計画をきちんと立てて利用することが求められています。

出来れば、一括返済を前提に利用しましょう。
一括返済をしていれば、多くの借金を抱えずに済みますし、返済に困ることも少なくて済みます。

借りるのは簡単でも返済は難しいものです。キャッシングやクレジットローンは、計画的に使えばこれ程便利なものはありません。

しかし、計画を間違うと途端に返済に窮します。ある意味、もろ刃の剣みたいなところがあります。自制心を持って利用することが必要になるということです。

キャッシング融資の明細書はどうなっている?

キャッシングやクレジットローンで借り入れたり、返済したりすると利用明細書が発行されます。ATMを利用すればその場で明細書が発行されますが、 ネットでキャッシングをした場合には現住所に明細書が送られてきます。

家族に内緒で利用している人は、明細書が送られてくるのはマズイと思っている人もいることでしょう。差出人に金融業者名は書かれていませんが、頻繁に送られてくれば怪しいと思われても仕方がありませんね。

そのため内心びくびくしながら利用している人もいるかもしれませんね。

でもご安心ください。
利用明細書が送られてこないようにする方法もあります。

スマホやパソコンで利用する時にウェブ明細を利用することです。
ウェブ明細を利用すれば書類での明細書は送られてきません。

金融サービス業者も経費削減のためにウェブ明細を奨励しています。
利用者登録欄で明細書発行はウェブ明細にしておきましょう。

じつは、貸金業法で利用者には貸出や返済をする毎に明細書を発行することが義務付けられています。ただし、本人の同意があればウェブ上での明細発行でも良しとされているのです。

ですので、自宅に利用明細書が送られてくるのがマズイと思っている人はウェブ明細を利用しましょう。

ウェブ明細なら本人以外の人が見ることはありません。
家族にも内緒でキャッシングやクレジットローンを利用し続けることができます。

緊急のキャッシング融資!おススメのランキング

マイレディス

マイレディスは創業41年の女性専用のキャッシングサービスです。対応スタッフも全て女性なので安心してご利用いただけます。一定の収入がある方ならばパートやアルバイトでも審査が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
4.8%~18% 最大100万円 最短30分 即日可能

 

プラン

全国どこからでも24時間ネットでお申し込みからご契約まで可能。月々2,000円から返済可能。
お近くのセブンイレブンのマルチコピー機で即日申し込みと契約書類の作成ができ、時間の短縮できます。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
15%~20% 50万円 即時 最短即日

 

エフワン

急なご出費でお困りの方はもちろん、他社の借入れを一本化したい方、自営業の方や不動産担保ローンを検討中の方もご利用できます。パート・アルバイト・主婦・日雇いの方なども相談が可能です。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
15~20% 300万円 最短30分 最短即日

 

エス・ジー・ファイナンス

来店不要で全国どこからでも申込が可能。
誰にも知られずお申込ができるキャッシングサービスです。最短30分で即日振込でもご利用、最大で300万迄ご融資が可能です。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
9.85%~18% 300万円 最短30分 即日可能

 

審査がゆるいキャッシング会社はどこ?

  1. 急に今夜にでもお金が入用になり、キャッシングの審査に申込んだけど、残念ながら審査に落ちてしまった…
  2. 審査に落ちたのは仕方がないけど、その理由がいっさい分からない…
  3. 審査のゆるいキャッシング融資会社を知っていれば、いざという時には困らないのに…

もし、あなたがこのような心配を抱えているのなら以下のことを認識しましょう。。

じつは審査の基準はどこの会社も一緒ではありません。
キャッシング会社によって審査の承認も却下もその基準が異なっているのです。

では、比較的審査基準のゆるいキャッシング会社はどこなのか?
その答えは次のようなことになります。

キャッシング審査の甘い会社とは?

キャッシング融資には大きく分けて銀行系と消費者金融系の2つの融資先があります。
審査のゆるいキャッシング融資を希望するならズバリ消費者金融からの融資です。

その理由は、消費者金融のほうが審査に係る基準が圧倒的にゆるいからです。

一般的に銀行系は総量規制の適用外であるため融資額の上限を独自に決めています。
無制限とまでは行かなくても融資先によっては、かなりの額の融資も可能となります。

一方、消費者金融は総量規制の適用範囲であるため、融資上限が年収の3分の1を超えてはいけないという融資額の制限が付いています。
そのため、貸付け額に上限が決められていない銀行系の方が大きなお金が貸し出される分、より慎重に審査が行われるのです。

数百万の融資をしたとしても、それが回収不能とならば大きな損失を被ってしまいますからね。
審査を厳しくせざるを得ないということです。

即日融資のキャッシング会社は消費者金融で

以上のようなことから即日にキャッシングを受けたい人は消費者金融系の融資会社を選びましょう。
それに消費者金融は、昔から優れたスピード審査のノウハウを持っています。
最短で30分で済むという驚異的なスピード審査で、その日のうちにお金を借りることも可能です。

銀行系ではこうはいきません。
実際に融資を受けるまでに、3日から5日ほどかかりますからね。
それに銀行系の融資会社は自社で審査をしているわけではなく、外注に委託しているために審査に非常に時間が掛かっているのです。

今夜でもお金が必要という時には、頼りになるのが消費者金融からのキャッシングです。
反対に今すぐは必要はないが1週間後に入り用という場合には銀行系の融資会社の方が適しています。
希望する融資が、急を要するものなのか、そうでないかで銀行系か消費者金融系かで決めればよろしいでしょう。

クレジットカードの枠には2つの枠組があります

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠が付いています。
この「枠」は利用限度額の枠組を表していることになります。
つまり利用限度額の枠として、ショッピングで使える枠組、キャッシングで使える枠組の2つの枠があるということです。

ではショッピング枠とはどんな枠組なのか?
ショッピング枠とは、ショッピングで利用できる下限から上限までの枠組のことです。

ショッピングは店舗やネットでクレジットカードを使って買い物をすること。
ネットショッピングも普通にカードを使っての買物ですからショッピング枠になります。
例えば、ショッピング枠が50万となっているならクレジットカードで買い物できる金額の限度が50万になるということです。

一方、キャッシング枠とはどういうものなのか?

キャッシング枠とは、ショッピング枠とは別にキャッシングで利用できる枠組のことです。
キャッシングは文字通り、カードで現金を借りることです。
消費者金融のお店で直接現金を借りることと何ら変わりはありません。

しかし、忘れてはならないの金利のこと。
キャッシングで借りた分のお金には、相当する金利がかかってきます。
返済する時には借りた金額、つまり元本とそれに係る金利を合わせて返さなくてはなりません。

問題はその金利の高さです。

クレジットカードでのキャッシングは簡単に借りられるぶんだけ、高い金利を支払わなくてはなりません。
10万円以内のキャッシングだったら20%も支払わなければならないのです。

ですのでクレジットカードでキャッシングをする時にはくれぐれも借りすぎないようにしましょう。
クレジットカードでのキャッシングは手軽で便利なものですが、その便利さが借りすぎにも通じるものです。
くれぐれも借りすぎに注意をしましょうね。

一方のショッピングの場合は多くの場合で1回払いなら手数料がかからない仕組みになっています。
2回以上の分割払いに限り、手数料がかかるようになっています。

ですので、ショッピングといえども無計画に利用してしまうと支払いに四苦八苦してしまいます。
ショッピングもキャッシングと同じように計画を持って使うということが大事ということです
キャッシング枠30万となっている場合はクレジットカードでキャッシングできる金額は30万になります。

キャッシング/おまとめローン利用の注意点

複数の融資業者からキャッシングを受けていると、返済日や金利の違いなどから返済手続きが煩雑になってしまいます。
そういう時には低金利の別の融資業者からキャッシングして、今までの高い金利でのキャッシングをまとめて返済するという方法があります。これをおまとめローンと言います。
 
最近ではテレビCMでも盛んに「おまとめローン」の宣伝をしていますね。
実際に低金利のキャッシングが増えてきているので、なるべく条件の良いキャッシングに借り変えることが一本化のコツになります。

おまとめローンのメリットは、以下のようにいくつかあります。

1.まず第一に、毎月の支払い金額が少なくなる事が挙げられるでしょう。
毎月の支払いに四苦八苦している人にとっては、支払い金額が少なくなるということは随分助かるものです。

2.次に、毎月の支払い日が1回になると言う事が挙げられます。
支払いが1回になる事で払い忘れや業者ごとの煩雑な支払い作業から開放されます。
数社から融資を受けている場合は、忘れていたなんてことも結構ありますからね。

3.また振り込み手数料が1回ですむ事も助かりますね。
この支払い手数料だけでもバカにはできませんからね。

その他にも返済予定が組みやすいというメリットもあります。融資額にもよりますが、おまとめローンにすることで年間数十万円単位での節約が可能になる場合も多々あります。

このように、メリットが大きいおまとめローンですが、実は、そのぶん審査が厳しくなるというマイナス面もあります。

便利だけれども、実際に利用できる人は限られてくるということです。
その基準は、やはり収入が多いか少ないかになりますが、おまとめ金額が少なければ収入が少なくても何とかなるものです。

また、勤務している会社なども審査対象になることでしょう。
中小の会社よりも大会社、大会社よりも公務員というように勤務先情報もおまとめローンの重要な審査対象となり得ます。
ご自身の今の境遇も合わせて、おまとめローンを利用するかどうかを決めればよいでしょう。

もし、おまとめローンを利用する境遇にないにしても、だめ元で申し込みだけはしてみることです。それで審査に通れば儲けものですしね。

以上のように大変便利な「おまとめローン」ですが、簡単に誰でもが利用できるというわけではありません。
それなりの条件を兼ね揃えていないと難しい面もあるようです。

そういう場合は、現状でもう少し返済してから後日に改めて申し込んでみるのもいいかもしれません。臨機応変に対応してみるということですね。

キャッシング無審査即日融資は本当なのか?

広告で「無審査」「即日融資」となっているのを度々目にしますがその実態はどうなのでしょうか?本当に審査がなかったり、その日のうちに融資されるものなのかと疑ってしまいますよね。

このフレーズで検索する大抵の方は、一度は審査に落ちてしまっている方が多いようです。
または借入れ枠がいっぱいで新たな借入れ先を模索している方もいらっしゃいます。

ですが、プロミスやアコム、レイクなどの有力銀行と資本提携している消費者金融では、ユーザーの借入件数や返済のトラブル問題などについて調べるので無審査のローンではありません。

さらには現在の職業や勤務先が本当かどうかの在籍確認、収入や住居などについてたくさんの項目を点数で詳細に調査されることになります。大手の融資会社にとっては無審査なんて現実にはあり得ないことと思っていたほうがいいですね。

では世間で知られていない中小の業者はどうなのか?

名の知れていない中小の業者や街金業者は、確かに審査項目が大手ほどないにしても完全なる無審査はないようです。勤務先の在籍確認は、必ずすることでしょう。他の項目については、過去の融資や返済状況を調べる程度で、これらに問題がなければ融資が実行されるようになります。

ただ、それなりに審査に時間がかかるので、即日融資は難しいかもしれません。
午前中に申し込みをするなど条件が限られてくることでしょうね。

何れにしても完全なる無審査の業者はないと思ったほうがいいです。
もし無審査の業者があるとしたら、そんな業者は違法な業者でしょう。

そんな業者に関わると後々に問題になるのは分かり切っています。

ですので、キャッシングはある程度以上の規模の会社に申し込むか、それが無理そうなら諦めるかの対応が必要です。
もし、どうしてもお金が足りなかったなら身内や友人などに借りる以外にありません。
それが一番無難な借入れになりますからね。

デビットカードとクレジットカードの違いは

デビットカードとクレジットカードの違いについて説明します。

まず、ビットカードですが銀行口座にお金があればその金額分だけ買い物ができる機能がついているカードです。
口座残高を超える買物には使えないようになっている一回払いのみのカードです。
クレジットカードの分割機能が使えないものとも思ってもらえばいいでしょう。

つまり、クレジットカードだと返済能力以上に買い物をしてしまう恐れがありますが、デビットカードの場合は今ある預金の範囲内でカードでの支払いが出来るというものです。デビットカードはクレジットカードと違い、自分が持っている預金だけでしか買い物が出来ないので、クレジットカードよりも利用者が少ないのが現状です。

しかし、このデメリットは見方を変えるとメリットとも捉えることができます。
預金の範囲内だけしか買物ができないということは、借金をしてでも買物をすることがないということです。
これは後々を考えるとすごいメリットですよね。

特に無計画に買物をしてしまうという人にはこんなに便利な方法はありません。
あくまで、手持ちの範囲で買物をするという当たり前のことが普通にできるわけですからね。
こういう面を考えてもデビットカードは安心して使えるカードだと思います。

クレジットカードの場合は、数ヶ月後に請求が来て返済に困るということが度々起こりますがデビットカードにはそれがありません。
もちろん、衝動買いも防げるわけです。

そうこうしているうちに今あるお金の範囲内での買い物の仕方の習慣ができてくることになります。
お金がなければ物が買えないという当たりまえの状況になってくるのです。
お金の使い方の正しい習慣ができてくるということです。

もちろん、イザという時には困ることがあるかもしれません。
でも節約の習慣がついていれば自然とお金は貯まっていくものです。
このようにデビットカードの欠点を利点として使っていくば、デビットカードもそれほど不便なものとは限らないと思えるでしょう。

ディックの無利息キャッシングは便利

CMでもおなじみであったキャッシングのディック。
「無理のない返済計画をお客様と一緒に考えていきます」と謳って消費者には嬉しい無利息キャッシングを設けてきました。
しかし、消費者金融の環境変化や親会社のシティグループの経営状況の悪化を受けて、次第に店舗の閉鎖をして2008年には事実上の事業撤退となりました。

その後、新規の融資希望者については業務提携先の三洋信販への誘導を行っていたが三洋信販がプロミスに吸収合併されたため、プロミスを紹介していました。現在はアイフルを紹介しているようです。そんな紆余曲折の末、破綻したディックですが、かつては30日間無利息のキャンペーンをおこなったりしてユーザーの好評を得ていました。

また、ウエブ申し込みでは申込みフォームにご入力後、わずか60秒で仮審査結果が分かるという迅速さも有していました。
今では当然ですが、スピード審査の先駆けとも言えるサラ金でしたね。実際に給料前の数日間だけのつなぎとして利用する場合や突然の出費での利用などで便利に利用したユーザーも多くいたことでしょう。

このディックのように使い方を誤なければ、スピード融資は大変便利な金融サービスです。
今では多くの金融サービスが一定期間無利息融資を行っていたり、スピード融資を行っています。
突然の出費やどうしても避けられないお付き合いなどには、こういう即効で融資をしてくれるサービスを利用しましょう。

ディックがなくなったことは残念でしたが、現存の金融業者も同じようなサービスを行っています。
急な入用時にはスピード融資を利用させていただきましょう。
できれば、無利息サービスも目一杯利用させていただくこと。

早期に返済すれば無利息でお金が借りられるサービスも賢く利用することです。

失業中や年金者はカードは作れないか?

失業中や年金生活者などの人は、一般的なカードローンはなかなか作ることは出来ません。
収入がなかったり、生活するのにギリギリの収入ではほとんどのカード審査は通らないことでしょう。

でもそこで諦めることはありません。
どんな時でも救いの神は現れるものです。

例えば、社会福祉協議会の貸付や生命保険会社の契約者貸付などはカードローンよりも低金利で借りられる便利な方法です。
知っている人は知っている、知らない人は知らないとでも言うべき隠れた借入れ方法ですね。
失業で無収入の人、年金生活の人で急な入り用の時に利用すると良いでしょう。

生命保険会社の契約者貸付は、積立保険など一部の種類に限られているので注意が必要です。
詳しくは直接、保険会社にお訪ねください。

一方の社会福祉協議会の貸付ですが、これはお住いの地域ごとの協議会に申し込みます。生活費の貸付は生活資金貸付や一時貸付がありますが簡単には借りられません。申し込んでから貸付まで2週間程度の時間がかかる場合があります。
ですので早めに申し込んでおくことが必要となります。

いずれの貸付にしても誰でもが気軽に貸して貰えるとは言いがたい面もありますね、
生活保険に関しては、掛け捨て型の保険では対象になりませんし、社会福祉協議会も即日融資というわけにはいきません。

となれば、やはり貸金業者からの貸付を利用するのが一番手っ取り早いでしょうね。
貸金業者の融資サービスでは最短でその日のうちに融資が受けられるものもあります。

消費者金融でしたら、午前中に申し込みを済ませば午後には実際に融資が受けられます。
急な出費には即日で融資が可能な消費者金融がピタリです。
少し金利が高いですが、融資までの時間が短いなどのメリットもあります。

そして、早いうちに返済してしまいましょう。返済が早ければ早いほど金利は少なくて済みます。要は利用の仕方しだいということですね。

緊急のキャッシング融資!おススメのランキング

マイレディス

マイレディスは創業41年の女性専用のキャッシングサービスです。対応スタッフも全て女性なので安心してご利用いただけます。一定の収入がある方ならばパートやアルバイトでも審査が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
4.8%~18% 最大100万円 最短30分 即日可能

 

プラン

全国どこからでも24時間ネットでお申し込みからご契約まで可能。月々2,000円から返済可能。
お近くのセブンイレブンのマルチコピー機で即日申し込みと契約書類の作成ができ、時間の短縮できます。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
15%~20% 50万円 即時 最短即日

 

エフワン

急なご出費でお困りの方はもちろん、他社の借入れを一本化したい方、自営業の方や不動産担保ローンを検討中の方もご利用できます。パート・アルバイト・主婦・日雇いの方なども相談が可能です。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
15~20% 300万円 最短30分 最短即日

 

エス・ジー・ファイナンス

来店不要で全国どこからでも申込が可能。
誰にも知られずお申込ができるキャッシングサービスです。最短30分で即日振込でもご利用、最大で300万迄ご融資が可能です。

実質年率 利用限度額 審査時間 融資実行まで
9.85%~18% 300万円 最短30分 即日可能

コメントを残す