花粉症で頭皮がかゆい時のシャンプーの仕方!

花粉症は花粉によって体内にアレルギー症状を引き起こす様々な状態のことを言います。それが身体の一部分である頭皮にまで及んで痒みや痛みなどを感じることになります。では花粉症が原因の頭皮のかゆみを抑えるにはどんなシャンプーをしたらいいのか?

もともと頭皮は雑菌が繁殖しやすい環境であり、皮膚トラブルが起きやすい部位と言えます。そこに花粉の刺激が加わって、さらに頭皮が荒れてしまうというわけです。この時に要注意なのが、シャンプーの仕方と使用しているシャンプーの種類です。

花粉症で頭皮が痒くてしょうがない時のシャンプー方法!

シャンプーの仕方としては、指の腹で頭皮を優しくマッサージする要領で洗います。決して、ゴシゴシと強く洗ってはいけません。ますます頭皮が荒れて花粉症の症状が強く出てしまいます。腫れものを触る要領で撫でつけるように洗いましょう。

この時、炎症を起こしている部位は避けて洗うようにしましょう。
炎症を起こしている部位にはシャンプー剤が触れないようにすることも大事です。お湯のみで優しく洗い流すと良いでしょう。

また、すすぎは十分に行うこと。
シャンプー剤が髪に残っていると頭皮が荒れる原因となります。
ゆっくりと時間をかけて、これでもかというほどしつこく洗い流しましょう。

また、花粉が髪に付着しているので毎日キチンと髪を洗うことが必要になります。これは髪だけでなく身体全体にも言えることですが、とにかく花粉が皮膚に触れないようにすることが大事です。

全身含めていつも以上に丁寧に洗い流すことが必要となります。

シャンプー選びも非常に大事

シャンプーの仕方だけでなくシャンプー選びも花粉症対策には必要なことです。花粉が原因で頭皮が荒れているところに刺激の強いシャンプーを使えばますます荒れてしまうことになりかねません。傷口に塩を塗り込むみたいなものですからね。

もし、刺激の強いシャンプーを使っているようでしたら即刻に変えるようにしましょう。

実はシャンプーには界面活性剤という成分が含まれています。界面活性剤は汚れを強力に落とすことができるので、それ自体は大変有効なものです。ですが、強すぎるゆえに頭皮を傷つける原因となり、痒みや荒れの原因となっているのです。

界面活性剤には鉱物系のものと自然素材系のもの、その混合型のものとの3種類があります。市販されている多くのシャンプーは鉱物系であり、少数派ではありますが混合型のものも販売されています。

この中で絶対に避けなければならないのが鉱物系の界面活性剤入りシャンプーです。そうでなくても花粉で頭皮が荒れる人は敏感肌体質の人です。敏感肌の人が鉱物系界面活性剤を使用しているとますます頭皮が荒れてしまいます。

これではいつになっても頭皮の痒みは収まりません。それどころか炎症にまで発展してしまい、抜け毛などの頭皮トラブルの原因にもなってしまいます。

では、どんなシャンプーを使ったら頭皮のトラブルを防げるのか?

頭皮のかゆみ専用のシャンプー【すこやか地肌美容液シャンプー】がおススメ!

花粉症が頭皮まで影響している人は、アミノ酸系のシャンプーを使用することを心がけてください。

アミノ酸系のシャンプーはすこやか地肌美容液シャンプーがオススメ。すこやか地肌美容液シャンプーは、無添加の頭皮ケアシャンプーとして、頭皮環境を整えることに有効です。適度な洗浄力を保ちつつ頭皮環境を健康的な状態に導いてくれます。

頭皮にとって良くない成分、例えば鉱物系界面活性剤やシリコン、着色料、紫外線吸収剤などを一切使わないシャンプーです。つまり頭皮に優しい成分のみで構成されているため、花粉症で傷ついた頭皮を整えてくれるのです。

今なら特別モニター価格として80%オフの980円で購入が可能。フケやかゆみをしっかりと取り除いてくれるシャンプーです。

>すこやか地肌美容液シャンプーの詳しくはこちらを!
↓↓

花粉症による頭皮の荒れを防ぐにはこうしよう

今、花粉症に悩む人は4人に1人の割合でいるとされています。目が痒くなったり、鼻水が垂れたり、涙が出たりで大変ですよね。人によっては風邪と同じような症状が出て体調がおかしくなる人もいます。

そんな花粉症の症状ですが、頭皮にも影響が出てくる場合もけっこうあります。春になると頭皮が痒くなったり、ヒリヒリしたりする人は花粉症の影響を疑ってみましょう。そのまま放っておくと抜け毛の原因にもなりかねません。

では、どうすれば花粉症の頭皮への影響を減らすことができるのか?

 まず第一にやることは髪についた花粉をよく洗い流すこと。
小まめなブラッシングで常に花粉を落とすようにしましょう。
できれば帽子などで花粉を防ぐことも必要です。

また、帰宅後には念入りにシャンプーをして良く洗い流すようにしましょう。髪についた花粉は頭皮に付着して、炎症を起こす原因になります。その炎症が痒みや痛みとして感じてしまうことになるのです。髪に付着する花粉をできるだけ落とすことによって影響を最小限に押えることができるのです。

ただ、シャンプーにはその洗い方に注意しましょう。

ごしごし強く洗うと余計に頭皮を傷めてしまいます。頭皮が傷つけば炎症は酷くなって、花粉症による被害も大きくなってしまいます。
その結果、髪の成長の妨げになりますし薄毛に繋がってしまうのです。花粉を完璧に落としつつ、かつ頭皮にやさしい洗い方が必要なのです。

具体的には、頭皮は軽く触れる程度の強さで小刻みに全体を丁寧に洗うことです。そして髪全体もよ~く揉み洗いをして花粉を完璧に落としましょう。髪についた花粉はやがて頭皮にも付着します。頭皮に付着した花粉は炎症を引き起こして、ますますの荒れや痒みにつながります。

花粉症による頭皮の荒れを防ぐには、花粉の頭皮への付着を防ぐことによって可能となります。小まめなブラッシングやシャンプーを心がけましょう。

*シャンプーは洗い方だけでなく、シャンプー剤そのものにも注意をしましょう。市販されている洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮の荒れる原因となります。

こういうシャンプーは価格が安くていいのですが、花粉症の人にはお勧めできません。特に花粉で頭皮が荒れてしまう人は使ってはいけないものです。

無添加で全て自然の成分で作られているシャンプー剤を選ぶようにしてください。
↓↓

花粉症で頭皮が痛くなるのはなぜ?

頭皮が痛いと感じるのは色んな原因が考えられます。ヘアコンディショナーやトリートメント、リンスなどのヘアケア剤が原因なもの。ニキビや吹き出物による頭皮トラブル、間違えた洗髪方法など。

その他では、花粉症による痛みも感じられることがあります。花粉症による痛みは、頭皮が花粉によってアレルギー症状を引き起こして感じるものです。もともと頭皮体質が弱い人に起こりやすい症状ですね。

ただ、これも人によって感じ方が様々なので一概に花粉だけが原因とは言えない部分もあります。

例えば、日々感じているストレスや睡眠不足、偏った食生活などが複合的に合わさって出る場合もあるからです。これらの原因が花粉によって更に増長されてしまうことも考えられますからね。

ですので、頭皮が痛いのは花粉症によるものだと単純に決めつけないで、その他の原因と思われるものを改善しつつ花粉症対策も合わせて行っていきましょう。

頭皮の花粉症対策としては、いつも清潔を保つことです。日頃から花粉に触れない工夫をしたり、洗髪をていねいにして頭皮への影響を最小限にすることです。

例えば、外出時には帽子を被る、1日に数回はブラッシングをして花粉を落とす、毎日シャンプーをして花粉をキレイさっぱりに落とすなど。

これらの対策をしたのにも関わらず、まだ頭皮が痛い場合は花粉が原因ではありません。他の頭皮ケアを始めましょう。

以上、花粉症による頭皮の痛みにはできるだけ花粉に触れない工夫をして、生活習慣を改善するなど全般的なケアをすることです。

もともと頭皮が荒れる原因があって、花粉によってその原因が更に引き出されることは結構ありますからね。総合的な花粉対策が必要ということです。

↓↓シャンプー剤は頭皮に優しい無添加の物を使いましょう!

頭皮の痒み対策|花粉症編

花粉症が原因と思われる頭皮の痒み対策について紹介していきます。

花粉症は人によっては重篤な症状を引き起こし、日常生活が困難になるほど酷いものもあります。頭皮への影響も様々。痒くなったり、ピリピリ痛んだり。
その原因はいろいろと考えられますが、頭皮が乾燥している人に特に多いようです

なぜ、頭皮が乾燥してしまうのか?体質的な要因もありますが、多くの人が間違えたシャンプーの仕方をしています。ゴシゴシと強く洗うと必要以上に皮脂を取り除いてしまい、頭皮がガサガサの状態になってしまいます。

皮脂は本来なら頭皮を保護するために必要不可欠なものです。その保護する役目を果たしている皮脂を取り除いてしまうと直に頭皮に刺激が掛かってしまいます。その結果、ガサガサの頭皮になってしまい様々なトラブルに見舞われることになります。

であるならば、頭皮を乾燥から守ることによって、花粉の影響から逃れることができるということになります。花粉を落とそうとして過剰にゴシゴシと洗髪をしていませんか?

もちろん、洗髪は頭皮を洗うことが本来の目的ですが荒れるまで洗うのはやり過ぎというわけです。頭皮は決してゴシゴシと洗ってはいけません。
指の腹でそっと触れるように万遍なく揉み洗いすることです

また、長い時間洗ってもいけません。サッと一通り頭皮全体を洗ったら、次は髪を良く洗いましょう。髪に付いている花粉を良く洗い流すことが必要なのです。頭皮はサラッと、髪はじっくりと洗う要領です。

本来必要な頭皮は残しておくというイメージで洗えばいいと思います。
そうすれば過剰に洗うことはありませんからね。花粉の時期だからこそ、頭皮は慎重に洗うことです。

↓↓傷んだ頭皮を改善するには無添加100%のシャンプーを使いましょう。

コメントを残す