顔汗がひどい女性の対処法!

顔汗がひどい女性はどうしたらいいのか?
その対処法を紹介しています。

顔汗がひどい女性はこうしよう!

取り立てて暑い日でもないのに、どういうわけか顔だけに汗をかいてしまう、メイクも崩れて見た目にも最悪。
そんな厄介な女性のための対処法は次のようなものです。

 首の部分を集中して冷やす

濡れたタオルやハンカチで首の後ろ部分を冷やしましょう。
首には太い血管が通っているので、その部分を冷やせば冷めた血液が全身を循環して体温が下がるようになります。

その結果汗がひくようになります。
タオルやハンカチ以外にも冷えたペットボトルや保冷剤も有効です。

 精神を落ち着かせる

過度の緊張や精神が興奮している時も汗が滴り落ちることがあります。
これは、精神の興奮が副交感神経を刺激して、発汗を促すことになるからです。
ですので、努めて精神を落ち着かせれば汗も収まるということです。

具体的には、深呼吸をする、一から数字を数える、肩の力を抜くなど。
そして、普段から物事を悪い方向へと考えないこと。

なんとかなるという楽観論でいくと過度の緊張をしないで済みます。
自分を客観的に見れるようになれば、より効果があります。

 制汗剤を使う

制汗剤を使うようにすれば、効果的に顔汗を押えることができます。
ただ、脇や足裏に使うような物は顔には刺激が強過ぎるので、顔用のものを使うことが大事です。

顔用の制汗剤はあまり見かけませんが、顔にも使える成分が弱い制汗剤は市販されています。人と会う前や緊張してしまう場面の前だけに使うようにしましょう。

ただ、制汗剤は一時的にだけ汗を押えられる方法です。時間が経てば効果は薄れてしまうものなので、身体を冷やす方法や精神を落ち着かせる方法と併用して使うのがよろしいでしょう。
制汗剤はあくまで緊急的な措置だけと思っておきましょう。

しかし、長時間の使用は避けることです。家に戻ったらすぐに洗顔しましょう。
制汗剤は汗腺を防ぐ作用があるため肌に余計な負担をかけてしまいます。
肌が荒れたり傷つくことにもなり兼ねませんので慎重に扱うことが必要となります。

 何の対策もダメな場合

いずれの方法を用いても効果が表れない場合は、病気の疑いもあります。
「顔面多汗症」という異常なまでも顔だけに汗をかいてしまう病です。
これは交感神経が活発になり過ぎていることが原因と考えられます。

こうなると、日常のケアでは収まりませんので、お医者さんで診察してもらい薬で治す以外にありません。恥ずかしいなんて思わずに一度受診してみることをお勧めします。今は良い薬があるので、案外簡単に治ってしまうかもしれませんよ。

受診は内科か心療内科でよろしいでしょう。
まずはお近くのお医者さんに診てもらうことです。

顔汗を安全に押えるおススメの制汗ジェルはサラフェプラス

顔汗ダラダラには、顔にも使える制汗ジェル、サラフェプラスがオススメ!

朝にぬれば、一日中汗知らず。

それでいて肌に優しいことが多くのユーザーから支持をされています。

ダラダラ顔からサラサラ顔へ。

お出かけの前にたった5秒の簡単ケア。

メイクの上からも塗れるのもいいですね。

サラフェプラスは只今、お得なお試しコースを実施しています。
この機会にイヤな顔汗からサヨナラしましょう。

↓↓サラフェプラスお試しコースの詳しくはこちら!

コメントを残す