うつとノニジュース

うつ病かなと思ったらこうしよう

「身体がだるい、寝つきが良くない、食欲がない、めまいがする」などの身体的変調や集中力がなくなったり、物事を悲観的に連想し、何をするにも億劫になったりするなどの内面的な症状がみられたら「うつ病」を疑ってみましょう。

 

うつ病は本人も周囲も余り気づかないため、放っておかれることが多い病気です。
しかし、ひどくなると大きな精神障害となり、治療が困難になることが多々あります。

 

ですので、うつ病かもと思ったら早期に医療機関に行くようにしましょう。

 

では、うつ病の診察を受けるには何科にいったら良いのか?

 

精神科、心療内科、神経科、神経内科など医療施設にはいろいろな科があるので、
どこの科にいったらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

うつ病を疑ったなら、まずは精神科や心療内科に行きましょう。

 

精神科や心療内科は大きな病院だけでなく診療所やクリニックにもあります。
ネットで調べるとたくさんの情報が出てくるので一度チェックしてみてください。

 

また、保健所でも相談や紹介を行っているので保健所に行ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

うつ病で医療機関にかかる時の注意点

 

うつ病になると外出がおっくうになるので、病院や診療所、クリニックは行きやすい所を選ぶといいでしょう。

 

うつ病の治療は1、2回行って終るわけではありません。
大方、半年から1年は通院することになるので、自分に合った医院や医師を選ぶようにしましょう。

 

実は、うつ病の治療には医師との信頼関係が重要なポイントとなります。

 

医師が人として信用できなければ、その治療や指導に不信感を持ってしまいます。
その結果、回復が遅くなってしまうこともあり得るわけです。

 

医師を選ぶときは、あなたの話を思いやりの心で聞いてくれて、
かつ医薬品の副作用についてもしっかりと説明してくれるかなどにも注意しましょう。

 

 

うつ病治療とは

 

うつ病の治療は休養と薬物療法、そして精神療法があります。

 

薬物療法では抗うつ薬を使用します。
抗うつ薬は効果が出始めるのに数週間かかりますが、すぐに効果が出ないからといって心配したり焦ったりしてはいけません。

 

治療法や指導に疑念を感じたら、正直に質問するようにしましょう。

 

そして、うつ病かなと思ったら早めに診察に行きましょう。
邪をひいたら内科に行くように、うつ病になったら精神科や心療内科に早めに行くことです。

 

うつ病も風邪と同じで早期発見、早期治療が大切です。
誰でもなる可能性のある病気なので、診察に行くことに対して身構える必要は全然ありませんからね。

 

 

ノニジュースが精神的に良い

 

うつっぽいと感じたならノニジュースがおススメです。
ノニジュースに含まれる「幸せホルモン」(セロトニン)があなたの精神に良い影響を与えてくれます。

 

これは筆者だけでなく、多くのノニジュースのユーザーが感じていることです。
例えて言うなら考え方が前向きになれるのです。
気持ちが晴れ晴れになれるのです。

 

これは決して大げさな表現ではなくて正直な実感です。
ノニジュースを飲んでみれば殆どの人がこれを感じることができるでしょう。

 

 

>ノニジュースの効き目はこちらの記事をご覧ください!